トップページ »  健康豆知識 »  ドライアイ

ドライアイ

2017-03-23 01:11:24

涙はどこからきてどこへいくのでしょうか?

上まぶたの外側に『主涙腺』という涙の生産工場があります。
瞬きをする度に、ここから涙が目の表面に送られ、目全体を潤した後、約10%は蒸発し、残りの90%は目頭の近くの上下にある『涙点』という穴に吸い込まれた後、目と鼻をつなぐ上下の『涙小管』へ行き、その後上下の涙小管が合流する『涙嚢』に集められてから、『鼻涙管』という涙の下水道を通り、『鼻腔』へ流れます。

涙のはたらきとは?

涙は目が正常なはたらきをするために欠かせないものです。
キズつきやすく、かよわい目を外界のバイ菌や異物から守ります。
また、角膜へ酸素や栄養分を届けるのも涙の役目です。
この他にも、目が鮮明な画像を結べるように、角膜の表面を滑らかにして「物を見る」という働きを支えています。

涙の膜構造

涙の膜は「油層」・「水層」・「ムチン層」の3層構造からなります。
このうち98%が「水層」ですが、この「水層」を「油層」と「ムチン層」がサンドイッチのようにはさんでいます。
「油層」………涙の外層:涙の蒸発を防ぐ働きをしている
「ムチン層」…涙の内層:涙が目の表面から流れ落ちないように粘着する“のり”の役目

涙が減ると目は危険

私たちの目は、目を開けたままにしたり、涙が減ったりすると、角膜の表面に“ドライスポット”という乾燥した部分が出現し、(普通はこうなる前に、まばたきをして目の表面を潤していますが)涙の質や量が低下したり、必要以上に蒸発するとまばたきをしてもドライスポットは残ったままになります。
やがて最も痛みに敏感でキズつきやすい角膜が露出し、乾燥することで剥がれ落ちて角膜上皮の障害が発生します。

ドライアイの症状

  1. 眼が疲れやすい
  2. 目ヤニが出る
  3. 眼がごろごろする・ショボショボする
  4. 重たい感じがする
  5. 眼が乾いた感じがする
  6. 何となく眼に不快感がある
  7. 眼が痛い
  8. 涙が出る
  9. ものがかすんで見える
  10. 眼がかゆい
  11. 光を見るとまぶしい
  12. 眼が赤い

上記の項目中、5つ以上があてはまるなら、ドライアイの可能性があります。
さらに“10秒以上眼を開けていられない”、“まばたきの回数が多い”なら、その可能性が高いといえるでしょう。

ドライアイの原因

ドライアイの治療

【涙点プラグ】

目頭のまぶたの上下にある涙の吸い込み口(涙点)に小さな穴の開いた詰め物(プラグ)を入れて、涙をためる治療

目の使い方を見直す

最後に

ドライアイは、生活習慣や他の病気などにより、涙の質や量が変わってしまうことで起こる病気です。
そのため、市販の目薬で水分を補うだけでは十分ではない場合もあります。
また、市販の目薬や水道水、洗眼薬による洗眼は、かえって病状を悪化させてしまうこともあります。
少しでも気になることがあれば、眼科医に相談してみましょう。

東住吉区医師会
石橋 秀俊